風化カルシウム 骨と健康のコンサルタント 有限会社ゲンサイ

アレルギーとカルシウム不足

アレルギーとカルシウム不足 イメージ画像

春になると花粉症の話題が多くなりますが、花粉症・アトピー・喘息・食品アレルギーは4大アレルギーと言われ、日本人の3割がアレルギーに苦しんでいます。
その対策としてステロイド治療をはじめいろいろな治療がおこなわれていますが、多くは症状を抑えたり、軽くする対症療法で、根本的に解決するものではありません。

カルシウムは心臓の筋肉(心筋)の収縮弛緩のスイッチの働きとしてなど、人間が生きていく上で大切な働きをしています。
このカルシウムが不足すると生命維持のために骨からカルシウムが過剰に溶け出し、細胞内に必要以上に存在するようになります。(カルシウムパラドックス現象)
免疫細胞でカルシウムが過剰な状態になると本来の働きが悪くなります。例えば花粉など、外からの刺激に敏感になり過剰反応を起こしてアレルギーを引き起こす原因となるヒスタミンが放出されてしまい、花粉症の症状が発症します。他のアレルギーも免疫細胞の過剰反応が大きな原因です。

カルシウム不足だけが、アレルギーの原因ではありませんが、かなり密接に関係しています。
カルシウム不足を解消するには、カルシウムを多く含んだ食品の摂取を心がけることが大切ですが、現代の日本の食生活では、厚生労働省の栄養素等摂取量状況調査結果でもわかる通り十分に摂ることは難しい状況です。
野菜・小魚などに含まれるカルシウムと同様の良質のカルシウムを積極的に摂りましょう。

関連記事

月別アーカイブ