風化カルシウム 骨と健康のコンサルタント 有限会社ゲンサイ

日本人のカルシウム摂取量について

カルシウムの摂取基準 イメージ

厚生労働省で定めている日本人のカルシウム摂取基準量は、年齢差がありますが600~1000㎎。
しかし、厚生労働省の栄養素等摂取量状況調査結果では長年に渡り、この量を摂取できていません。また、以下の表のとおりカルシウムは吸収しにくい栄養素です。
カルシウムの摂取基準 表
カルシウムは、成人で600㎎摂っても吸収されるのは約200㎎です。さらに吸収率は年齢とともに落ちてきます。高齢化とともに骨粗しょう症が問題になっているのもうなずけます。
また、「カルシウムの貯金・骨の貯金」をすべき子供の時期に加工食品などのリンの多い食品を多く摂っている現状を考えると、子供が成人・老人になった時、大変心配です。
日頃の食生活で良質のカルシウムをしっかり摂ることを心がけましょう。

関連記事

月別アーカイブ