風化カルシウム 骨と健康のコンサルタント 有限会社ゲンサイ

カルシウムと動脈硬化

カルシウムと動脈硬化 イメージ

動脈硬化が大きな原因となる血管の疾患(心疾患・脳血管疾患・大動脈瘤,解離)による日本人の死亡原因比率は、平成28年の厚生労働省人口動態統計によると合計すると24.9%、悪性新生物(ガン)につぎ2位で、動脈硬化の原因を排除して予防することが大きな課題となっています。

動脈硬化の主な原因は、脂質などがつくるこぶ(プラーク)だとされてきましたが、近年の研究では、プラーク内にカルシウムが沈着し、血管が石灰化(骨化)することが判っています。

この石灰化(骨化)した血管は柔軟性が著しく低下して破れやすくなったり、狭くなってしまいます。心臓の冠動脈や脳血管がこのような状態になると、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞などを引き起こしやすくなります。

カルシウムはほかの栄養素と同様に食品から摂りますが、体内のカルシウムが不足すると生命維持のために骨からカルシウムが過剰に溶け出し、細胞内に必要以上に存在するようになります。
(カルシウムパラドックス現象)

血管細胞にもカルシウムが過剰な状態になり、動脈硬化の大きな原因になります。

この骨から溶け出したカルシウムは色々な部位に沈着しやすい「悪玉カルシウム」なのです。

動脈硬化の原因となるカルシウム不足を解消するには、カルシウムを多く含んだ食品の摂取を心がけることが大切ですが、現在の日本人の食生活では、十分に摂ることは難しい状況です。

野菜・小魚などに含まれるカルシウムと同様の沈着を起こさない良質のカルシウムを積極的に摂りましょう。

関連記事

月別アーカイブ