風化カルシウム 骨と健康のコンサルタント 有限会社ゲンサイ

熱中症とカルシウム

熱中症とカルシウム イメージ

例年にない暑い夏となり、熱中症で緊急搬送されるニュースが毎日のように報道されています。
熱中症予防でまず大切なのは、汗として体外に排出されてしまう「水分・塩分の補給」ということはご存知のことと思います。

では、なぜ水分とともに塩分を補給する必要があるのでしょうか。体液には「電解質(イオン)」が含まれています。電解質とは、水に溶けると電気を通す物質のことです。
この電解質は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、身体にとって重要な役割を果たしています。
電解質とは、ナトリウムやクロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのことで、5大栄養素のミネラルに属し、ミネラルは水に溶けると陽イオンと陰イオンに分かれます。例えば、塩化ナトリウム(NaCl)は、水に溶けるとナトリウムイオン(陽イオン)とクロールイオン(陰イオン)になります。
カルシウムは汗から出てしまいやすく、また摂取量の少ない栄養素なので、特に気をつけたいものです。カルシウムが不足すると筋肉が痙攣したりしますし、夏場の激しい運動は内蔵へのダメージもあり、カルシウムの吸収が低下してしまうこともあります。
塩分とともに良質のカルシウムを積極的に摂り、丈夫な骨を作りながら夏を乗り切りましょう。

関連記事

月別アーカイブ