電話ボタン
風化貝カルシウム商品一覧

カルシウムの摂り過ぎについて

カルシウムの摂り過ぎによる弊害

カルシウムの摂り過ぎで起こる弊害でよく言われるのが、摂ったカルシウムが色々なところに沈着を起こし、結石・動脈硬化(心疾患・脳血管障害など原因)・骨の変形・軟組織の硬化などを起こすことです。これは、カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出し、そのカルシウムが色々なところに沈着を起こすカルシウムパラドックス現象で起こる現象と同じです。

沈着を起こすカルシウム・起こさないカルシウム

カルシウムは胃で消化されプラスイオン化し小腸から吸収されますが、骨から溶け出したカルシウムはこのイオン化が強いため、マイナス部位に沈着を起こしやすいのです。一方、食事から摂るカルシウムはイオン化が弱いので、沈着を起こすことなく、細胞などで働き骨の栄養として使われます。このように一口にカルシウムと言っても沈着を起こす「悪玉カルシウム」と起こさない「善玉カルシウム」があるのです。

サプリメントとしてのカルシウム

厚生労働省が平成25年に発表した日本人の食事摂取基準ではカルシウムの1日の摂取推奨量は600mg~1000mgですが、平成30年国民健康栄養調査では、カルシウムの1日の平均摂取量は、男性514mg 女性497mg 20歳代の女性では384mgと非常に少ないことがわかります。そこでいろいろなカルシウムサプリメントが市販されていますが、摂り過ぎに気をつけた方が良いという声も多く聞きます。カルシウム不足を補うためのカルシウムサプリメントはたくさんありますが、カルシウムは吸収があまりよくない栄養素のため吸収を高める加工をしているものもあります。イオン化カルシウムと言われているもので、イオン化が強いため吸収が良くなるのです。しかし、吸収されたのちイオン化が強いために血中カルシウム濃度が正常値(8.4~10.4mg/ml)より高くなったり、いろいろなところに沈着を起こしたりするのではないかと問題になっています。カルシウム不足のために骨から溶け出したカルシウム―悪玉カルシウムと同様のことが起きることが懸念されるのです。

とは言え、国民健康栄養調査で分かるように日本人はカルシウム摂取不足ですので、まず大切なのはカルシウムを多く含む小松菜などの黄緑色野菜、ひじきなどの海藻類、ちりめんじゃこなどの小魚類を普段の食生活で積極的に摂ることを心がけなければいけません。しかしなかなか摂れないのがカルシウムです。食品から摂るカルシウムと同様に沈着を起こさず効率よくカルシウム摂取ができるカルシウムサプリメントとして北海道八雲町で採掘される風化貝化石を原料にした風化貝カルシウムがあります。私は、長年に渡り風化貝カルシウムを4000~6000mg/日摂っていますが、心臓の冠動脈CT検査(高速CT検査)で動脈硬化の検査をしましたが、問題ありませんでしたし、骨の変形、軟骨組織の硬化、結石などを起こしたこともありません。

風化貝カルシウム商品案内 https://gensai.info/cal_product/

MESSAGEゲンサイ代表の原田です

ゲンサイ代表 原田

100歳時代を迎えようとしている今、健康寿命と平均寿命の差が問題になっています。誰もが晩年の約10年を人のお世話になる可能性が高いのです。私どもでは、30年に渡る風化カルシウム取り扱いの経験を活かし、皆様の健康で価値ある人生を応援するととともに、健康保険にできるだけ頼らない健全な社会づくりに貢献したいと願っています。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

商品ご購入の流れ

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。