骨と健康のコンサルタント 創業30年。風化カルシウムで、健康を骨から支えます。

知って頂きたい
カルシウムの働き

カルシウムは皆様ご存知のように骨を造る大切な栄養素。でも「骨の健康」だけでなく全身の健康を保つ大切な働きをしているのです。

様々な働きをする
カルシウム

命の誕生

男女の精子と卵子にカルシウムがなければ、受精は完結しません。不妊の原因や健康な子供を作るのにカルシウムは欠かせません。
出産時の陣痛もカルシウムが不足していると子宮の収縮が起き難く、難産になりやすくなってしまいます。

筋肉の収縮・弛緩

例えば、心臓が動くこと―心筋の細胞にカルシウムが入って収縮、出て弛緩。この繰り返しで心臓は動いているのです。
これは腕や足の筋肉でも同じこと。私たちが生きて動けるのはカルシウムのお陰なのです。

脳や神経からの情報伝達

カルシウムが細胞の中に入って電位差が生じることにより、情報を伝えたり、命令を発します。
例えば、免疫細胞では、ウィルスなどが体内に侵入してくると免疫細胞にその情報を伝えます。

ホルモンや酵素の働きを
助ける

カルシウムはホルモンの分泌や酵素の働きを助けています。

カルシウム不足は様々な症状を引き起こします―
カルシウムパラドックスについて

普段の食生活でカルシウムが不足すると、骨が弱って骨粗鬆症…このことは多くの方がご存知と思いますが実はこれ以外にも体の中では大変なことが起きるのです。カルシウムは命を保つために大切な働きをしているので、不足すると不足を補おうと自分の骨を溶かし使います。しかし、必要以上に溶け出てしまい体内では過剰な状態になってしまいます。この骨から溶け出したカルシウムは実は「悪玉カルシウム」!

血管に沈着・石灰化し、動脈硬化を引き起こし、脳梗塞・心筋梗塞などの血管障害の原因になります。また細胞ではカルシウムが必要以上に入り込み、細胞本来の働きができなくなり、いろいろな病気の原因になります。

さらに、背骨は脳から出ている脊椎神経の通り道となっていますが、カルシウム不足によって骨が弱り、変形したりつぶれたりしてこの通り道が狭くなり、神経を圧迫します。その結果自律神経によって働いている内臓の働きを弱めたり、運動神経を圧迫して、腰痛・膝痛や狭窄症などいろいろな症状を引き起こします。

体内でカルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出し過剰な状態になる現象を「カルシウム・パラドックス現象」と言います。

次のページでは、カルシウム・パラドックスについて詳しく説明します。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

商品ご購入の流れ

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。