電話ボタン
ご購入はこちら
ほね元気プログラム

骨粗しょう症検査は背骨を調べましょう

骨粗しょう症検査の必要性

日本人の平均寿命が伸び人生100歳時代を迎えようとしていますが、 平均寿命と健康寿命(介護など人の世話にならず日常生活を過ごすことのできる期間)の差は令和元年時点で男性が8.73年、女性が12.07年となっています。要介護になった原因は認知症、脳卒中、老化による衰弱に次いで、転倒・骨折が第4位ですが、85歳以上になると転倒・骨折が原因となる割合が増加傾向にあります。つまり、高齢になるほど「骨折の予防」が人の世話にならずに平均寿命を全うするために大切だということが言えます。

骨がもろくなる骨粗しょう症が原因で骨折し、寝たきりなど要介護になる可能性の高い部位は、太ももの付け根の骨折(大腿骨近位部骨折)、背骨の胸椎下部、腰椎の圧迫骨折です。骨粗しょう症は、痛みなど自覚症状が出ずに進行することが多く、骨折して初めてわかることもあり、そうなる前に骨粗しょう症の検査を受けることをお勧めします。

骨粗しょう症の検査方法

骨粗しょう症の検査には、主に背骨、大腿骨、手の指の骨、かかとの骨などの骨の量を調べる「骨密度検査」と血液や尿を採取して破骨細胞(骨を壊す細胞)と骨芽細胞(骨を造る細胞)の働きを調べる「骨代謝マーカー」の2つがあります。

冒頭にお話ししたように、骨粗しょう症が原因で要介護や寝たきりになる可能性の高い部位は、足の付け根の骨折や背骨の骨折ですから、この部位の骨の状態を調べることをお勧めします。

骨密度検査のいろいろ

「骨密度」は、骨の強さを判定するための代表的な指標です。 骨密度検査では、骨の中にカルシウムなどのミネラルがどの程度あるかを測定します。

骨密度検査には、以下のような検査方法があります。

①DEXA(デキサ法)

弱い2種類のX線を使って、腰の骨(腰椎)と脚のつけ根(大腿骨近位部)の骨密度を計測します。

寝たきりなどにつながる腰椎と大腿骨の骨密度が数値としてほぼ正確に測定ができ、対処方法を判断するのに信頼できる検査方法です。但し、骨のかどにできるとげ(骨棘)など骨の変形がある場合、その余計な部分も測定してしまうので、変形の程度を見る必要があります。

②MD法

X線を使って、手の指の骨とアルミニウム板を撮影し、骨とアルミニウムの濃淡を比べることによって測定します。

骨密度を判定する参考にはなりますが、手の指の骨の骨密度=背骨や大腿骨の骨密度とは限らないので、注意が必要です。

③超音波法

主に、かかとの骨で超音波の伝わる速度で骨を測定します。簡易に調べることができるため人間ドックや検診で使われる方法ですが、骨量そのものを測定しているわけではありませんので診断には用いません。また、MD法と同様にかかとの骨の骨密度=背骨や大腿骨の骨密度とは限りません。

④レントゲン検査

背骨(頸椎・胸椎や腰椎)や股関節(大腿骨)などのレントゲン写真を撮り、骨折や変形の有無、骨が弱っているかを骨の形や鮮明度で確認します。

骨代謝マーカー検査

以上の「骨密度検査」のほかに、骨の代謝を調べる「骨代謝マーカー」による検査があります。

骨代謝マーカーは、血液や尿を採取して破骨細胞(骨を壊す細胞)と骨芽細胞(骨を造る細胞)の働きを調べる検査です。

骨は、他の細胞と同様に古い骨が壊され、新しい骨が造られるという新陳代謝をしていますが、その入れ替わる程度を調べる検査です。骨吸収(骨を壊す)マーカーの高い人は骨密度が低くなる速度が速いことから、骨粗鬆症の危険性が高いと判断されます。

 

以上のように骨粗しょう症の検査にはいろいろありますが、私どもで出会った方で、手やかかとの骨で調べるMD法や超音波法によって検査をして良い結果が出て安心をしていたら、ちょっとした刺激で背骨を圧迫骨折してしまい骨粗鬆症と診断されたという例もあります。

このように間違った判断をしてしまい、背骨の圧迫骨折や足の付け根の骨折(大腿骨骨頭骨折)を起こして寝たきりになっては大変ですので、骨粗しょう症で一番問題となる背骨や大腿骨の状態を調べるDEXA法やレントゲン検査をお勧めします。

MAIL MAGAZINE骨粗しょう症とたたかうための
ほね元気無料メール講座を実施中

ほね元気無料メール講座は全7話ご用意しています。メールアドレスを登録するだけで、1日1話ずつメール講座をお届けいたします。
ほね元気を目指すためにするべきこと、風化貝カルシウムがなぜおすすめなのかなど、骨粗しょう症を不安に思う、一人でも多くの方に読んでいただきたい内容です。

MESSAGEゲンサイ代表の原田です

ゲンサイ代表 原田

100歳時代を迎えようとしている今、健康寿命と平均寿命の差が問題になっています。誰もが晩年の約10年を人のお世話になる可能性が高いのです。私どもでは、30年に渡る風化カルシウム取り扱いの経験を活かし、皆様の健康で価値ある人生を応援するととともに、健康保険にできるだけ頼らない健全な社会づくりに貢献したいと願っています。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

骨粗しょう症とたたかうための
ほね元気無料メール講座

ほね元気無料メール講座は全7話ご用意しています。メールアドレスを登録するだけで、1日1話ずつメール講座をお届けいたします。骨粗しょう症を不安に思う、一人でも多くの方に読んでいただきたい内容です。

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。