電話ボタン
ご購入はこちら
ほね元気プログラム

骨粗しょう症の治療

骨粗しょう症治療の目的

骨粗しょう症で病院に行くと「年のせいですね。老化現象です」言われ、骨が弱るのを抑える薬と鎮痛剤を処方されたという話をよく聞きます。

このように骨粗しょう症の病院での治療の主な目的は、骨密度が下がるのを抑え、骨折を防ぐことです。

では、具体的に病院での治療にはどのようなものがあるでしょうか。

骨粗しょう症治療のいろいろ

薬物治療

骨は、他の細胞と同じように新陳代謝(命を維持するために食べ物から栄養素を補給し、古い組織を壊し、新しい組織を造る生命活動)を繰り返しています。古い骨を壊す細胞を破骨細胞、新しい骨を造る細胞を骨芽細胞と言います。治療の中心になるのは、薬によってこの骨の代謝を調節する薬物治療で、大きく3つに分類されます。

(1)破骨細胞の働きを抑える薬

・ビスフォスフォネート製剤

破骨細胞の働きを抑えて、骨粗しょう症の進行を抑えます。           ボナロン・リカルボン・アクトネル・ベネットなど

・女性ホルモン(エストロゲン)製剤

女性ホルモン(エストロゲン)には骨芽細胞の働きを促し、破骨細胞の働きを抑える作用があります。エストリオール エストラジオールなど

・SERM(選択的エストロゲン受容体)

女性ホルモン製剤は、長期間服用すると子宮がんや乳がんなどのリスクが高くなるため子宮や乳房のエストロゲン受容体に作用せず、骨のエストロゲン受容体にだけ作用するようにした薬です。              エビスタ・ビビアントなど

・抗ランクル抗体薬

破骨細胞の働きを抑えて骨粗しょう症の進行を抑えます。           プラリア デノスマブなど

(2)骨芽細胞の働きを促す薬

・副甲状腺ホルモン薬

副甲状腺ホルモンは骨やカルシウムを制御するホルモンで、新しい骨をつくる骨芽細胞を活性化させ、骨強度を高めます。          テリボン・フォルテオなど

(3)カルシウムの吸収を高める薬

・活性型ビタミンD3製剤

ビタミンDは、食べ物のカルシウムが腸から吸収されるのを助け、骨の代謝を活発にします。ワンアルファ・カルシトリオール・エディロールなど

・ビタミンK2製剤

ビタミンKは、納豆などに含まれる成分で、骨にカルシウムが沈着するのを助け、骨の形成を補助する薬です。  グラケー・ケイツーなど

・カルシウム製剤

カルシウムは骨をつくる主要な成分であり、欠かせないミネラルを補給する薬です。  アスパラ-CA・カルチコール・デノタスなど

食事療法

カルシウムやビタミンD・Kの多い食品を摂るとともにカルシウムを排出してしまうリンの多いスナック菓子、インスタント食品、加工食品などの摂取を抑えることなどを指導します。

運動療法

動くことによって骨に微弱な圧電位が発生し、その刺激で、カルシウムが骨に入り強くしますので、体の状態にあわせた運動や散歩やジョギングなどを取り入れます。

補助具の使用や手術

骨が弱ってすでに背骨の圧迫骨折や大腿骨頸部関節骨折などを起こしている場合、ギブスなどの補助具で固定したり、骨セメントの注入や金属の支えを入れる、チタン合金人工関節を入れるなどの手術する場合があります。

骨粗しょう症治療の注意点

この中で現在、一番多い治療法は薬物治療で、中でも破骨細胞の働きを抑える薬が主流で、骨粗しょう症の進行を抑え骨折を防ぐ大切な治療ですが、細胞が新陳代謝により生まれ変わり良い状態を保つのと同じように、骨も新陳代謝をすることで柔軟性のあるしなやかな骨を保ちます。

ですので、薬によって破骨細胞の働きを長期間抑えると古い骨のまま経過することになり、柔軟性が落ちて、骨折の確率を高めてしまいます。

他の薬についても長期間の服用には注意が必要です。

また、カルシウム補給をカルシウム製剤によって補給することも注意が必要です。体も骨も100%日々摂取する食べ物をもとに造られますので、カルシウム補給を食べ物ではない薬だけに頼ることが良いのか疑問です。

ご自身の努力が大切です

骨や体を造るのは、医師でも薬でもなく、ご自身の一つ一つの細胞が日々摂る食べ物を原料にして造っています。

「あなたは、あなたの食べた物そのものである」(You are what you ate)

ということわざが西洋にあります。

「あなたの体は、すべて食事で摂る食品からできているんですよ」ということですね。

もちろん医師の指導のもとでの治療は大切ですが、それに併せて、日々の食生活で骨を元気にする良質のカルシウムを摂ること、カルシウムの吸収を高めるビタミン類を摂ること、リンを多く含む食品の摂取に気をつけること、体に合った適度な運動をすることなどを心がけることが大切です。

MAIL MAGAZINE骨粗しょう症とたたかうための
ほね元気無料メール講座を実施中

ほね元気無料メール講座は全7話ご用意しています。メールアドレスを登録するだけで、1日1話ずつメール講座をお届けいたします。
ほね元気を目指すためにするべきこと、風化貝カルシウムがなぜおすすめなのかなど、骨粗しょう症を不安に思う、一人でも多くの方に読んでいただきたい内容です。

MESSAGEゲンサイ代表の原田です

ゲンサイ代表 原田

100歳時代を迎えようとしている今、健康寿命と平均寿命の差が問題になっています。誰もが晩年の約10年を人のお世話になる可能性が高いのです。私どもでは、30年に渡る風化カルシウム取り扱いの経験を活かし、皆様の健康で価値ある人生を応援するととともに、健康保険にできるだけ頼らない健全な社会づくりに貢献したいと願っています。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

骨粗しょう症とたたかうための
ほね元気無料メール講座

ほね元気無料メール講座は全7話ご用意しています。メールアドレスを登録するだけで、1日1話ずつメール講座をお届けいたします。骨粗しょう症を不安に思う、一人でも多くの方に読んでいただきたい内容です。

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。