電話ボタン
風化貝カルシウム商品一覧

カルシウムの石灰化

骨から溶け出したカルシウムは石灰化する

カルシウムは骨を造るほかに、大切な働きがある

カルシウムは、ご存知のように骨を造る大切な栄養素ですが、骨を造る以外にも体の中で大きな働きをしています。例えば、カルシウムが細胞に入ると細胞は収縮、出て弛緩という作用があります。心臓の筋肉(心筋)細胞にカルシウムが出入りして収縮、弛緩を繰り返し、心臓が動き、血液を循環させています。 カルシウムの働き

カルシウムが不足すると

摂取カルシウムが不足すると心筋などの働きにも影響し、極端に不足すると命にかかわることになりますので、骨に貯蔵されているカルシウムを溶かして補います。しかし、必要以上に骨からカルシウムが溶け出してしまい、細胞では逆に多すぎる状態になってしまいます。(カルシウムパラドックス現象と言います)

骨から溶け出したカルシウムの性質

カルシウムは溶けるとプラスイオン化しますが、骨から溶け出したカルシウムはこのプラスイオン化が強いため、マイナス部位(乳酸などが溜まっているストレス部位)にくっついてしまうのです。骨から溶け出したカルシウムは、沈着、石灰化を起こしやすい「悪玉カルシウム」なのです。血管細胞に沈着を起こせば動脈硬化を起こしますし、骨に沈着を起こして骨棘(骨のとげ)ができたり、狭窄を起こし神経を圧迫します。その他、軟骨や靭帯(じんたい)、臓器などにも沈着を起こしいろいろな部位の石灰化や狭窄、機能不全などを引き起こします。結石もカルシウム不足から骨から溶け出した悪玉カルシウムが石灰化して起きるのです。

自然の食品から摂るカルシウムは石灰化しない

一方、小松菜・ひじき・ちりめんじゃこなどの自然の食品に含まれるカルシウムは、骨を造るとともに血管などに沈着、石灰化を起こすことなく体の中で働いてくれます。カルシウム不足が問題になっている現在、まず心がけなければいけないのは、食生活でカルシウムを多く含む食品を積極的に摂ることです。

しかし、加工食品やインスタント食品、スナック菓子など便利でおいしい食品を摂りがちです。このような食品にはリン酸が多く含まれ、リン酸はカルシウムを体外に排出する作用があるので、カルシウム不足がさらに進んでしまう状況です。このような中いろいろなカルシウムサプリメントが市販されていますが、イオン化が強く沈着を起こす心配があるものもあり、注意が必要です。病院で骨粗しょう症の治療に、カルシウム剤を処方しないのは石灰化の心配があるからです。このため処方される薬は 骨を壊す細胞の働きを抑えるなど骨の代謝を調節する薬が主流です。

骨を改善し、石灰化を防ぐには、まずカルシウムが多く含まれる食品の摂取を心がける、適度な運動をするなどが大切ですが、それにプラスして、食品に含まれるカルシウムと同様に石灰化を起こさず、骨を元気にしてくれる北海道八雲産の風化貝カルシウムを原料にしたタスカル風化カルシウムを摂取することをお勧めします。タスカル風化カルシウムが石灰化を起こさず、骨を元気にすることは整形外科医福島賢人先生の長年に渡る臨床研究でも実証されています。

MESSAGEゲンサイ代表の原田です

ゲンサイ代表 原田

100歳時代を迎えようとしている今、健康寿命と平均寿命の差が問題になっています。誰もが晩年の約10年を人のお世話になる可能性が高いのです。私どもでは、30年に渡る風化カルシウム取り扱いの経験を活かし、皆様の健康で価値ある人生を応援するととともに、健康保険にできるだけ頼らない健全な社会づくりに貢献したいと願っています。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

商品ご購入の流れ

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。