骨と健康のコンサルタント 創業30年。風化カルシウムで、健康を骨から支えます。

歯周病とカルシウム

・歯周病はあごの骨にも影響する。
歯ぐきが腫れる、出血するなどの歯周病に罹っている人は、中年以降の人の約80%と言われています。歯周病は菌による障害ですが、歯を支えるあごの骨・歯槽骨(しそうこつ)にも影響を与え、歯が抜ける原因となります。

・あごの骨とカルシウム
骨は、古い骨を壊し、新しい骨を造るという新陳代謝をしています。カルシウムが不足するとあごの骨もほかの骨と同様に弱くなり、「あごの骨が薄くなる」という状態になります。
歯は、このあごの骨(歯槽骨)を土台にして生えていますので、「ぬかにくぎ」のような状態になってしまい、歯がぐらつきその隙間に歯周病菌が増えてしまいます。
つまり、歯周病はカルシウム不足によるあごの骨の退化からも起きるのです。
特に女性は更年期以降カルシウムが不足すると歯周病に罹るリスクが1.5倍高くなると言われています。
歯の土台となるあごの骨を健康に保つためにも、良質のカルシウムを積極的に摂りましょう。

MESSAGEゲンサイ代表の原田です

ゲンサイ代表 原田

100歳時代を迎えようとしている今、健康寿命と平均寿命の差が問題になっています。誰もが晩年の約10年を人のお世話になる可能性が高いのです。私どもでは、30年に渡る風化カルシウム取り扱いの経験を活かし、皆様の健康で価値ある人生を応援するととともに、健康保険にできるだけ頼らない健全な社会づくりに貢献したいと願っています。

風化カルシウム商品一覧

カルシウムが不足していることはご存知の方が多いと思います。
ではどんなカルシウムでも体に良いのかというとそうではありません。
ソマチットを含んだ善玉カルシウムの風化カルシウムで健康な日々をお送り下さい。
弊社ではご購入頂く方には30年に渡る経験をもとに健康相談をお受けしています。

商品ご購入の流れ

お電話でのご注文・
ご相談・お問い合わせ

ご注文、商品に関するお問い合わせやご質問・健康相談などお気軽にご連絡ください。