風化カルシウム 骨と健康のコンサルタント 有限会社ゲンサイ

わずか1%のカルシウムが命を支えている?

わずか1%のカルシウムが命を支えている? イメージ

体の中のカルシウムは、骨に99%、その他の細胞などに1%存在しています。
このわずか1%のカルシウムが心臓を動かすなど命を支える大切な働きをしているのです。
カルシウムはほかの栄養素と同様に食品から摂りますが、体内のカルシウムが不足すると命を支えるために骨からカルシウムを溶かして補給します。しかし、必要以上に溶け出してしまい、細胞内に必要以上に存在するようになります。(カルシウムパラドックス現象)
そうすると細胞は本来の働きができなくなり、いろいろな病気や症状を引き起こしてしまうのです。この骨から溶け出したカルシウムは色々な部位に沈着しやすい「悪玉カルシウム」なのです。
カルシウム不足を解消するには、カルシウムを多く含んだ食品の摂取を心がけることが大切ですが、現在の日本人の食生活では、十分に摂ることは難しい状況です。
野菜・小魚などに含まれるカルシウムと同様の沈着を起こさない良質のカルシウムを積極的に摂りましょう。

関連記事

月別アーカイブ